包茎って?

 包茎(ほうけい)は、本人にとっては切実なことですよね。

 通常は、子供の頃(小学生くらい)は亀頭は包皮に守られていて、
 包皮がむけていませんが、体が成長するに従って亀頭も成長し、
 包皮は自然とだんだんめくれ上がっていき、
 思春期頃(中学生くらい)になると包皮がむけるようになります。

 ところが、正確な原因はさだかではないのですが、
 自然にめくれていくのが少ないと亀頭は完全に露出しません。
 また、包皮の出口が小さかったり、包皮が亀頭と完全にくっついている、
 などの理由で大人になっても亀頭が露出できない状態を包茎と言います。

 包茎のすべてがわかる!トップ
posted by ho-kei at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 包茎って?

包茎のタイプ

 包茎には、仮性包茎、真性包茎、カントン包茎の3種類があります。

 自分で皮をむこうと思えばむけるのが仮性包茎。

 皮をむこうとすると痛くて全部むけないのが真性包茎。

 無理に皮をむくとむけるけど元に戻らないで、
 皮が亀頭を締めつけた状態になってしまうのがカントン包茎です。
 
 包茎のすべてがわかる!トップ
posted by ho-kei at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 包茎のタイプ

仮性包茎

 日本人に一番多いと言われる包茎のタイプです。

 通常は包皮が亀頭をおおっていますが、
 手でむこうと思えば痛みもなく、
 簡単に亀頭を露出させることができる状態です。

 勃起時はほとんど亀頭が自然に露出する(正常に近い)状態になる
 ものから、勃起時でも、ほとんど皮がかぶった状態(余った皮が多い)
 の仮性包茎まで様々あります。
 
 包茎のすべてがわかる!トップ
posted by ho-kei at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 包茎のタイプ

真性包茎

 勃起した時も、してない時も全く皮をむく事ができない状態
 のことを真性包茎と言います。
 このままでは正常な性交渉を行うことはほぼ不可能です。
 
 亀頭が常に包皮におおわれているため、
 亀頭の成長のさまたげになることはもちろん、
 先細りの男性自身になる可能性が高いと思われます。
 可能な限り早い段階で治療することをおすすめします。

 包茎のすべてがわかる!トップ
posted by ho-kei at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 包茎のタイプ

カントン包茎

 男性でもあまり聞きなれない種類の包茎だと思います。
 少々無理をすれば皮をむくことができますが、
 包皮口(先のほうの開いている部分)がせまく、
 亀頭を締めつけてしまう状態になるのをカントン包茎と言います。

 そのままにしておくと皮が戻らなくなってしまったり、
 亀頭が水ぶくれのように腫れてしまうケースもあります。
 可能な限り早い段階で治療することをおすすめします。

 包茎のすべてがわかる!トップ
posted by ho-kei at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 包茎のタイプ

包茎をほおっておくと

 包茎の状態をそのままにしておくと、
 真性包茎の場合、性交渉が難しいのはもちろん、
 炎症を起こしたり、感染症にかかったりすることがあります。

 私たちの皮膚の表面には、目には見えませんが、
 たくさんの細菌が繁殖しています。
 これは、私たちの身体にとって必要な細菌が繁殖することで、
 外部から有害な細菌などが来た時に、
 それらに感染するのを防ぐ役目をしているのです。

 でも、害がないとはいっても、余計に繁殖しすぎた場合や
 小さな傷口から体の中に侵入した場合などには、
 炎症を起こす原因になることもあります。

 包茎の状態は、ちょうど亀頭と包皮の間が細菌の増殖に適した環境
 になっています。そのため、亀頭包皮炎を起こすことが多いです。

 また、亀頭と接している包皮のかぶっている内側は、
 粘膜(唇みたいな皮膚)になっていて、
 ウイルスなどが侵入しやすいつくりになっています。
 コンジロームとかヘルペスなどの感染症がこの部分におこるのは、
 こういった理由があります。

 粘膜は、普通の皮膚より弱い皮膚なので、小さい傷もできやすく、
 細菌などによる感染症も引き起こしやすいのです。
 有害な菌が繁殖すると、分泌物が分解されて不快な臭いを出したり、
 痒くなったり、皮膚が荒れて赤くなったりします。

 性病に限らず、こういった症状は、早期発見早期治療が必要です。
 もっと言うと、このような状態にならないようにすることが大切です。

 自覚症状が出たらすぐに、
 出ていなくても、ちょっとでもおかしいかなと思ったら、
 病院に相談することをお勧めします。

 包茎のすべてがわかる!トップ
posted by ho-kei at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 包茎のままだと

包茎手術の流れ

 包茎手術については、おおまかに以下のような流れになります。
 基本的には日帰りで可能です。

 ■電話・・通院予定の病院やクリニックに予約等をいれます

 ■来院、診察・・実際に病院やクリニックで事前の説明や
         カウンセリングを受けたりします

 ■治療法の決定・・事前の相談によってどのような手術を行うかを
          決めます

 ■支払い方法の相談・・手術料金の支払い方法を決定します
            学生の割引や分割払いが可能な場合もあります

 ■治療・・実際の手術を行います

 ■帰宅・・術後の注意点などの説明を聞き、帰宅となります

 包茎のすべてがわかる!トップ

posted by ho-kei at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 包茎手術の流れ

手術はいくらかかる?

 包茎手術にはいくら位かかるのか?
 きちんと知っておいたほうがよいです。余計な出費を抑えられます。

 まれに悪質なクリニックでは、包茎手術に100万円以上の
 手術代を要求するところもあると言います。

 一般的に良心的なクリニックでは、
 だいたい9万円〜20万円の間位が相場です。

 また、学割を適用しているクリニックもあります。
 (学生証の提示が必要な場合が多いです)

 金額が金額なので、年齢などの条件を満たせば、
 分割(ローン)での支払いができるクリニックもあるようです。

 包茎手術を受ける前には、必ず自分で料金を確認しましょう。
 包茎手術は性病などと同様、ダークなイメージがあり、
 いざ医者の前にでると、どうしても弱気になってしまいがちですが、
 手術の値段がおかしいなと思ったら、
 必ず毅然とした態度で自分の言い分を言いましょう。

 また、包茎手術の前にきちんとクリニックから見積りをとる
 という方法もあります。

 包茎のすべてがわかる!トップ
posted by ho-kei at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 手術はいくら位?

手術後の生活

 手術が終了して、体も気持ちもポジティブになったあとの、
 術後のケアや生活についてです。

 ■入院や通院
   入院や通院などの必要はほぼありません。
   いつも通りの生活をすることができます。

 ■シャワー
   治療後でもほとんどの場合、シャワーが使用できます。
   約1週間後には湯船につかることも可能になります。

 ■抜糸
   手術で使用した糸は自然になくなるので、
   抜糸の必要はなく、通院も不要です。
   (クリニックによって違う場合もあります)

 ■消毒
   ほとんどの場合、1日1回、1週間〜10日程度
   自分で消毒をする必要があります。
   包帯を約1週間くらい巻く必要がある場合もあります。

 ■性行為
   約1ヵ月後には普通に性行為も可能になります。

 包茎のすべてがわかる!トップ
posted by ho-kei at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 手術後は?

付随する治療

 包茎手術を検討する場合、普通は包茎だけを治療する方が多いですが、
 もし金銭的に余裕があるのであれば、包茎治療とほぼ同時に、
 付随的な治療を行うことも可能です。

 なぜなら付随的な包茎治療は、
 自分自身に自信をつけることができるからです。

 包茎治療の種類はいろいろありますが、
 もし自分が今まで早漏などを自覚していたのであれば、
 亀頭を強化する治療や早漏防止の治療などを
 可能なら受けたほうがいいでしょう。

 包茎手術をしたから早漏がすぐに直るということは考えにくく、
 短い間での自信回復はなかなか望めないからです。

 少々金額が必要になりますが、どうせなら包茎治療と一緒に
 早漏などは直しておいたほうがいいでしょう。

 いずれにしても、自分が選んだクリニックに相談することを
 強くおすすめします。

 包茎のすべてがわかる!トップ
posted by ho-kei at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他の治療

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。